MENU

アルバイトやパートで短時間だけ働いている人は多いですが、収入が少ないので、欲しいものがあっても我慢しなければならないことがあります。
しかしどうしても我慢できないものがあれば、迷わず消費者金融に申し込み、いくらかのお金を手に入れるようにしてください。

 

アルバイトが消費者金融を利用するときは、遅延損害金や職場連絡なしを確認するようにしましょう。
遅延損害金とは何かというと、返済期日までに支払いがなかったため、プラスで払わなければならない利息のことです。
本来は払う必要がないものですが、返済期日を1日でも過ぎると支払いの義務が生じるので、少しで早く返済を終わらせたいなら、決して毎月の支払いを忘れないようにしてください。
カレンダーなどに印を付けておけば忘れにくいですし、最近は返済期日のお知らせメールサービスを行っている消費者金融もあるので、それを利用するのも良いでしょう。

 

職場連絡なしのサービスを行っている消費者金融を選べば、自分の勤め先に電話がかかってくることがないので安心です。
本当にそこで働いているのかを確認するためにかかってくるのですが、借り入れすることを会社の人に知られたくない方がほとんどなので、職場連絡なしで利用できる業者の方が使いやすいと感じる方もあるでしょう。
実際は個人名でかかってくることが多く、消費者金融名を名乗ることはありませんが、それでも嫌な人は嫌なので、そんな方は職場連絡なしのところでキャッシングするようにしましょう。

職場連絡なしの低金利でおすすめな消費者金融とは?

職場連絡なしというのは、貸金業者が行う在籍確認を行わないことを言います。多くの貸金業者がこの在籍確認を審査の一部として取り入れ与信審査にしているのですが、申し込みをする人はこの在籍確認を嫌がる人が多いのが特徴です。その理由として借金をしていることが同僚にバレるのではないか?と疑心暗鬼になってしまうことから嫌われる傾向にあります。貸金業者もとてもその点には気を付けており、必ず個人名でかけているのですが、それでも嫌われている在籍確認になります。

 

しかしその在籍確認を行わずに職場連絡なしで与信審査を行っている消費者金融があります。特に貸金業者の中でも消費者金融は、収入を証明する書類を提出することで職場確認なしにしているところがあります。そのようなケースがあるというだけであり、すべての人がそのような対象になるわけでありません。どうしても在籍確認を採ることができない、また会社の個人情報保護の方針で個人名では繋げないという場合もありますので、そのような場合は違う方法で行いますので、職場連絡なしで審査を受けることができる可能性があります。

 

最近は金利が高いことで有名だった消費者金融もおすすめなサービスを提供するようになりました。借りれば借りるほど低金利への見直しを行ってくれますし、また初回に限り無利息というキャンペーンサービスも行っています。おすすめな消費者金融が増えていますので、在籍確認なしで申し込むことができるか?問い合わせてみてください。