多重債務そして職場連絡なしで消費者金融のノーローンで借入できる?

多重債務を抱えている方でこれから消費者金融に借入をする場合は気を付けなければならないことがあります。
消費者金融の場合借入をする場合50万円以上、そして他社からの借入が総額100万円以上になった場合収入証明書が必要になります。

また総量規制というものが消費者金融にはあり、年収の3分の1以内でしか借入を行うことができません。
この総量規制は収入を証明する書類を提出しても年収を超える場合は正規のルートで他社から借入をすることができませんので注意してください。

ノーローンは消費者金融になりますので、この貸金業法に該当しますから、利用する方はご自分の利用状況を確認したうえで申し込みをするようにしてください。
当然該当している場合は審査で落ちることになり、無駄に申し込みをすることになります。
申し込みを短期間に数社行うとブラックリストに入ることがありますので無駄な申し込みを避けるようにしてください。

ノーローンは職場連絡なしで審査を受けることはできません。
貸金業者のなかには職場連絡なしで審査をしている業者もありますが、ノーローンはそれに該当しません。
会社に直接電話確認をしてきますので、勘の良い人であれば借金の申し込みの在籍確認の電話と勘付かれることがありますので多くの人が嫌います。

よって職場連絡なしの貸金業者を選びたがりますが、なかなか思うようにいかないのが現状です。
しっかり対応すれば借金の申し込みとはわかりませんし、貸金業者も対応してくれます。

消費者金融アイフルは職場連絡なしの審査と明細不要の手続きができますか

消費者金融大手で知られる消費者金融のアイフルですが、審査の際にお勤め先の職場連絡なしで手続ができるのかということを心配される方も少なくありません。
アイフルは審査方法が最短30分で終了するケースもあり、融資可能かどうかということをすぐにわかることができるのが最大のメリットです。
審査後、すぐに融資を受ける事が出来るので外出先で緊急にお金が必要になってしまった場合に、キャッシングをすぐに利用したいという時にはとても便利です。

この会社では審査方法には、職場連絡なしの審査は行っていないため、お勤め先の会社、アルバイト先、パート先に必ず電話連絡が入ります。
申込者本人が職場にいる必要はなく、電話に出た方が今は不在だという事をアイフルの担当者に伝える事で在籍確認は終了します。

在籍確認の際には、社名を出さずに個人名で電話がかかってくるため、電話に出た人にすぐにキャッシングを利用しようとしているということがわかってしまうような心配はありません。
もしも、ご本人が職場で電話に出た場合には伝えられる用件に対して、返事をするという事が多いので心配する必要はありません。

キャッシング利用後に、ご自宅に明細書などの郵送物が届いてしまうのかという事については、明細不要として予め手続きをしておくと、利用後も明細が自宅に届く心配はありません。

職場連絡なしの審査をどうしても受けたいという方は他の消費者金融では職場連絡なしの審査を行っている所もあるのでチェックしてみましょう。