消費者金融アコムは職場連絡なしを謳っているが滞納の場合は


消費者金融のアコムは、職場連絡なし、という点をメリットの一つに謳っています。

でも、どんなときでも電話連絡は無いのでしょうか。

もちろん、契約どおりに順調に返済を続けていれば、電話連絡はないでしょう。
でも、もし延滞を起こしたときはどうなのでしょうか。
普段はなくても、そんなときには催促の電話がかかってくるんではないでしょうか。
こうした場合、延滞の程度によって違いがあります。

アコムは職場連絡なしをキャッチフレーズにしているのですから、例え延滞と言え、軽いものなら電話連絡はありません。
どの程度かと言いますと1日~2日程度です。
ということは、翌々日までに返済しないと電話連絡はあることになります。

でもその電話も最初は携帯にかかってきますから、その電話で連絡が付けば職場連絡なしですみます。
これでお分かりのように、たとえ1日~2日の延滞では連絡がないと言え、アコムを含めて消費者金融を利用する場合は、もし延滞が起りそうな場合は、事前に連絡を入れておくことです。
これさえ入れておけば、たとえ滞納が起っても、2~3日程度の遅れだとそれほど咎められることはありませんし、遅延利息を請求されることもありません。

とはいえ、消費者金融は約束によって成立っていますから、これを破ると何らかのペナルティが発生するのは当然のことです。
これをよく心しておかないと、延滞を繰り返してブラックリストのメンバーに仲間入りということになりかねません。
そんなことになると、その後の借入れは一切できなくなってしまいます。

職場連絡なしで消費者金融を使用して会社にバレる場合の対処方法と明細

職場連絡なしで消費者金融を使用し、万が一会社にバレることが起こってしまった場合は正直に明細を出して頂いて会社に報告した方がいいです。

1点目として職場に連絡なしで消費者金融を使用している時点で会社からの信用がかなり落ちていることが挙げられるからです。
これらの信頼を少しでも回復する場合は正直に借りた額を明確にし、会社に報告することで少しずつ信頼を取り戻していくことに繋がるからです。

2点目はいち早く消費者金融から足を洗うことです。
ずっと使用し続けていると理不尽な利息をつけられて払いきれない額を要求されて、破綻してしまう恐れがあるからです。
このことからいち早く借りているお金を全額払いきり、その後は登録した電話番語やメールアドレスを変更してしまうなどの方法を選んだ方がいいでしょう。

3点目は会社をリストラされそうになった場合はいち早く会社に謝罪し、リストラを免れる方法を選ぶことです。
職場連絡なしで消費者金融を利用してしまうと最悪の場合リストラというケースがあるからです。
リストラにならないためにも、始末書などを早めに提出し会社の信頼を取り戻し仕事を頑張ることがリストラを回避する方法と言えます。

消費者金融に明細を出してほしいと依頼しても、使用額と大きく異なっていたり使用者にとって不利な状況で出される恐れもあることから、まずはいち早く足を洗うこと、そして職場連絡なしで使用することは避けることが大事なことです。